歯の知覚過敏の必要性、知覚過敏の種類についてご紹介します。

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

診療予約・カウンセリング | 0120-66-2118(受付時間 平日10:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

一般歯科治療(保険)

  1. ホーム
  2. 診断メニュー
  3. 一般歯科治療(保険)
  4. 知覚過敏

診断メニュー

One Tooth One Life

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

知覚過敏

症状

主な症状として
・冷たい食べ物や飲み物で歯がしみて痛みを感じる事がある。
・歯ブラシの毛先が歯に触れたり、歯に風が当たるだけで歯がしみたり、痛くなる。

また初期のうちは冷たい物にだけ反応しますが、症状が進むと温かいものにも反応することがあります。

原因

知覚過敏は歯の表面のエナメル質が削られ、その下の象牙質がむき出しになってしまうことによっておこります。
象牙質には神経につながる象牙細管と呼ばれる無数の穴が開いていて、この穴を通して受けた刺激が神経に伝わり痛みを引き起こします。

象牙質の露出の原因として以下の一例をあげます。

●違った歯磨きの仕方

力を入れてゴシゴシとこすり過ぎたりすると、歯肉が傷ついて象牙質がむき出しになりやすくなります。また、歯を磨くたび出血している人は要注意です。

●加齢による歯茎の後退

歯茎の後退は、年齢を重なることによって引き起こされ、知覚過敏を招いてしまう可能性があります。

●歯周病による歯茎の後退

歯周病が進行し歯茎が後退すると、象牙質が露出してしまい、知覚過敏が起きやすくなります。

●歯ぎしりによって歯が削れる

歯ぎしりによって歯が削れて、知覚過敏を引き起こします。
歯ぎしりは疲労やストレスの蓄積が原因であると言われています。

●ホワイトニングの薬剤

ホワイトニングの薬剤は、歯の細かいヒビから象牙質へと伝わり象牙細管の穴に入り込み、しみる症状を招きます。治療期間が終われば症状は改善されていきます。

●虫歯

虫歯によって歯に穴が開いてしまうと、象牙質が露出し知覚過敏を招きます。虫歯が原因で知覚過敏になった場合、しみるというより痛みが先行して継続的な痛みをもたらします。

治療方法

予防するには

PICK UP

わたしたちが総合歯科クリニックにこだわる理由
KU歯科クリニックは口腔内全体のバランスを考えた全体治療にこだわっています。
なんで歯科医院によって、こんなに費用が違うの!?
歯科医院によってインプラント費用が異なる理由を教えします。
意外に知らない!?インプラントの本当!?とウソ!?
意外と知られていないインプラントに関する本当とウソをご紹介します。
  1. ホーム
  2. 診断メニュー
  3. 一般歯科治療(保険)
  4. 知覚過敏
ページの先頭へ

Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 表参道 青山 銀座 世田谷 成城 品川 大阪). All Rights Reserved.