メタルボンドは中が金属でできているため、強度があり、変色もしにくいのが特徴です。

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

審美・ホワイトニング

  1. ホーム
  2. 診断メニュー
  3. 審美・ホワイトニング
  4. メタルボンド

診断メニュー

One Tooth One Life

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

メタルボンド

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)
非常に強度があり、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。

メタルボンドとは?

メタルボンドは中が金属でできているため、非常に強度があり、変色もしにくいのが特徴です。

メタルボンドとは、補綴物(詰め物や、被せ物)の一種で、いわゆる銀歯とは異なり、メタルフレームと呼ばれる金属の土台に、セラミック(陶器)を焼き付けた頑丈な補綴物です。セラミックを使用した補綴物のなかでも長い歴史があります。
金属の上にセラミックを焼き付けているため、天然の歯に似た色調になることが長所です。ただし、オールセラミックと比べると透明感が少なく、審美性で劣ります。
旧世代のオールセラミックは強度がなかったため、奥歯等にメタルボンドが使用されてきました。しかし、近年ではオールセラミックでも強度に優れた素材が開発されているため、特殊な場合を除いてメタルボンドはおすすめしていないのが現状です。

メタルボンドのメリットとデメリット

メタルボンドのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 見た目が良く変色せず、強度も強い

デメリット

  • 金属アレルギーの方に向かない
  • 歯肉が黒ずむ場合がある
  • 角度によっては金属が見える
■金属アレルギーの方に向かない

メタルボンドもセラミック補綴物の一種ですが、土台に金属を使用しているため、金属アレルギーの方にはおすすめできません。また、現在アレルギーでなくとも、メタルボンドを入れることで将来的に金属アレルギーを発症してしまう可能性があります。

■歯肉が黒ずむ場合がある

長期間の使用で、メタルボンドと歯肉の境目から金属の成分が溶け出し、歯肉が黒ずむことがあります。この現象は「メタルタトゥー」と呼ばれ、黒ずみを消すことは簡単ではありません。

■角度によっては金属が見える

経年劣化で表面のセラミックが剥がれると、金属が露出します。そうなると、口を開けたときに、メタルボンドの金属が見えてしまいます。そう言った審美性の観点でも、あまりおすすめできないと言えます。

※下記症例ブログでもメタルボンドのデメリットを解説しております

→『メタルフリーを追求しています』
→『前歯のブリッジのやり直し』

メタルボンド以外の補綴物

金属を使わずセラミックのみで製作している補綴物にも、様々な種類があり、部位や患者様に合わせて材質を選びます。

■オールセラミック(詳細はこちら)

100%セラミックでできているものをオールセラミックと呼びます。天然歯に近い色と質感を再現でき、セラミックの中で最も高い審美性を誇ります。
年数経過による変色も起こらないため、使用している間はずっと美しさを維持できることも特徴です。
審美性、機能性ともにトップクラスですが、その分費用は高くなります。

■ジルコニアセラミック

金属の代わりにジルコニア(鉱物)を土台にセラミックを焼き付けたものです。透明感があるためメタルボンドよりも審美性が高く、金属アレルギーの心配もありません。セラミックとジルコニアの良いところを兼ね備えた素材です。デメリットとしては、加工が難しいため取り扱いが少なく、コストが割高になります。

■フルジルコニア

人工ダイヤモンドとして知られるジルコニアで土台と外側両方を作った補綴物です。ジルコニアセラミックよりさらに頑丈なことが特徴で、奥歯の治療に向いています。
非常に硬いため、天然歯をすり減らすことが懸念されていましたが、表面を滑らかに研磨すれば天然歯をすり減らすことはありません。
デメリットとしては加工が難しく歯科技工士の技術で結果が変わりやすいこと、透明感がないため審美性で劣ることです。

■e-max

二ケイ酸リチウム系セラミックを主成分として近年開発された、新しいセラミックです。ジルコニアには劣るものの強度に優れ、透明感があり審美性にも高く注目されている素材です。価格もジルコニアよりリーズナブルです。
さらに、耐久性に優れた上で硬さも程よく、噛み合う天然歯を痛めることがないことが特徴です。

メタルボンドのまとめ

① メタルボンドは金属を使用したセラミックで、審美性と強度において優れているとされていたが、オールセラミックの進化により優位性はなくなった

② 金属アレルギーの対象になる、見る角度によっては金属が見えてしまう、溶け出した金属により歯肉が黒ずむなどのデメリットがある

③ 審美性が高く強度に優れたジルコニアセラミック等が登場し、メタルボンドの上位互換となった

メタルボンドは、銀歯や旧世代のセラミックと比べ審美性と強度の両方で優れており、特に奥歯の治療で重宝されてきました。
ですが、近年セラミックの問題であった強度は改善され、審美性でセラミックに劣り、かつ金属アレルギーなどの問題があるメタルボンドは過去の物になりつつあります。
セラミックも多様なものが開発され、選べる様になりました。
今から補綴物を入れようと考えている方は、まずセラミックの中から考えることをおすすめします。

ドクターからの一言アドバイス

KU歯科クリニック
青山院 院長
吉野 綾

中の金属フレームを鋳造してつくるため複雑な難症例に適していますが、長期安定性を現在のオールセラミックと比較すると若干劣ると思います。但し、何かあった時に修理が容易にできる仮止めができるというメリットがあります。

はじめての
審美・ホワイトニング

PICK UP コンテンツ

わたしたちが総合歯科クリニックにこだわる理由
KU歯科クリニックは口腔内全体のバランスを考えた全体治療にこだわっています。

なんで歯科医院によって、こんなに費用が違うの!?
歯科医院によってインプラント費用が異なる理由を教えします。

意外に知らない!?インプラントの本当!?とウソ!?
意外と知られていないインプラントに関する本当とウソをご紹介します。
  1. ホーム
  2. 診断メニュー
  3. 審美・ホワイトニング
  4. メタルボンド
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.