Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 歯のよもやま話
  4. 第一大臼歯の重要性

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

第一大臼歯の重要性

2020年7月13日  カテゴリ:歯のよもやま話





 

第一大臼歯(通常奥から2番目)は永久歯の中で1番大きく咬む力も最も強い歯。
しかし虫歯になりやすい歯でもあるので欠損(抜歯して無い状態)率も最も高い歯です。

この歯が虫歯になりやすい理由は、

・奥歯なので細かな部分の歯磨きが難しい
・咬む面の溝が複雑でかみ合わせも複雑
・1番早く(6歳前後)生えてくる永久歯で自己管理が難しい

などなど様々です。

虫歯>神経をとる>乾燥して劣化>歯根破折

このような流れで保存不可能になり抜歯にいたるケースが大半です。
可能な限り抜歯せず保存に努めますがなにしろ咬合負担も大きな歯なので、
二股に分かれている歯根が真っ二つに割れてしまい感染することもあります。
歯根が足を広げて埋まってますので感染すると広範囲に骨を溶かしてしまいます。

こんな大切な第一大臼歯ですのでしっかり管理していかなければなりません。
毎日ご自分で行うセルフケアと時々は歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが大切。

そしてもし残念ながら抜歯に至った場合の第一選択は間違いなくインプラント治療です。
ブリッジも入れ歯も欠損部分の前後の歯に負担をかけてしまう治療になります。
ブリッジは健康な歯をたくさん削ることになりますし3本つながった状態になります。
入れ歯はクラスプという固定用のバネで前後の歯を揺らして歯周組織に負担をかけます。

欠損部分だけで補うことのできる唯一の方法がインプラント治療になりますが、
下顎骨の中を走行する下歯槽神経(上写真赤線)を傷つけないように注意し、
咬合バランスに安定した負担ができるような位置に正確に埋入することが重要です。
そして人工物ですから将来修理やクリーニングをしやすいシステムであることも大切。

若い方ほど健康な歯に負担をかけずにインプラント治療を選択されますので、
長い人生において体の一部として快適に機能させていかなければなりません。

簡単に歯を削らない
安易に歯を抜かない

開業25年目を迎えたKU歯科クリニックの治療コンセプトです。

健康な歯に負担をかけない歯科治療



こちらもお読みください

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 歯のよもやま話
  4. 歯の痛みの原因
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.