Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 診療風景
  4. 健康保険でひとまずスタート…

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

健康保険でひとまずスタート…

2019年9月29日  カテゴリ:診療風景






全体の治療計画を決めてから治療を始める…

もちろんそれも大切です。

それぞれの治療法のメリットやデメリットなどを理解し、
提案された計画の中からニーズに合わせたベストな方法を選択。
更に複数の歯科医院の意見を聞いて再確認。

とても大切なことです。

でもその検討する時間があまりにも長くなると、
状況を更に悪化させてしまうこともあります。
なので患者様はもちろん担当医も整理が必要です。

① 治療して絶対に残していかなくてはならない歯
② どう考えても残念ながら保存不可能な歯
③ 治療計画によって残すかどうかを考える歯

この3つにおおまかに分けるのは初診で可能でしょう。
もちろん早めに全体の治計画を提案しますが、
これ以上状況を悪化させないように②と①は進めませんか?

②と①は健康保険診療で可能なのです。

上のレントゲンの様に青い部分は②の保蔵不可能は歯。
残根C4で歯槽骨ではなく歯肉に乗っかっているだけ。
周囲組織や隣の健康な歯を悪くするだけなので早くしましょう!

迷って治療が進まないので左上の歯が伸びてきてる。
黄色いラインは咬合平面ですが突出して下にありますよね。
こうなると下の歯を入れる時がとても大変なんです。

なので…

健康保険で「絶対にやらなければならない治療」

をひとまずスタートする

ってこと始めませんか?
ともかく迷って迷って放置が長期化はダメです。
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 診療風景
  4. CTによる3次元画像の必要性
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.