Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 矯正治療・プレート矯正
  4. 矯正治療のゴール設定

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

矯正治療のゴール設定

2019年5月14日  カテゴリ:矯正治療・プレート矯正

 

 

ワイヤーを使用しない取り外し可能なプレート矯正。
最近は患者様の方からお問い合わせいただくことが増えました。

もちろん全ての症例に適応なのではありません。
前歯だけがデコボコのケースなどはプレートでOK。
歯根が単独なので悪くもなりやすいが良くもなりやすい。
抜歯をしなければならないケースは不向き。
プレートでも可能は可能ですが逆にちょっと大変。
通常のワイヤーの方が良いかと思います。

でも実は最近かなり適応症例が広がってきてまして…。

KU歯科クリニックグループ全医院では、
インビザラインだけでなく複数のシステムを採用。
1つのシステムでは対応しきれない場合もあるんです。

かれこれ15年以上プレート矯正を行っているので、
オリジナルのエッセンスを加えて、
患者様に最適な方法を提案させていただいております。

 

 

最近かなり適応症例が広がってきてまして…。

この写真は、治療開始から9か月経過時のもの。
今折り返し地点を回ったところでしょうか。

左上側切歯が生まれつき足りなかったりと、
かなりアンバランスな状態でした。

もちろん100点満点のゴールを目指したいのですが、
年齢や生活環境など考慮して90点のゴールにすることも。
移動量を最小限にするために右上犬歯を抜歯することにし、
ようやく右上切歯と右下犬歯のかみ合わせは正常に逆転。

プレート矯正でもワイヤー矯正でも、
患者様にしっかりご理解いただき、
最善のゴールを決めることが大切です。

もうひと頑張りってところでしょうか。


 

 

 
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 矯正治療・プレート矯正
  4. 矯正治療のゴール設定
ページの先頭へ

Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 青山 銀座 世田谷 成城 品川 大阪). All Rights Reserved.