Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 歯周病
  4. 歯が長く見えるようになってきた…

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

歯が長く見えるようになってきた…

2019年6月7日  カテゴリ:歯周病



虫歯と違って歯周病はエリアで進行します。

歯根を支える歯槽骨が痩せていくので、
1本だけに限局することは少なく、
徐々にに2本3本と痩せる範囲が拡大します。

重度の歯周病患者様に多いのが、
過去に虫歯治療をあまりされてない方。
そもそも唾液の質や歯の質も良いので、
若いころは虫歯で悩むことは少ない。
しかし中高年になり免疫が下がり代謝量が減少して、
一気に数本の歯がグラグラッと来ることが多い。
自分は歯が良いんだと甘くみてる部分も、
問題発覚が遅れる大きな原因にもなってるかと。

歯根を支える歯槽骨が痩せてしまえば、
それを覆う歯肉も一緒に痩せてきます。
そうすると本来歯肉の中にあるべき歯根が露出。
その結果、歯が長くなったように見えるんです。

歯周病の進行を後押しするのがかみ合わせ。
奥歯のかみ合わせが安定してないと、
前歯に過剰な負担がかかってくるようになる。
下の前歯が上の前歯の付け根を突き上げて、
だんだん前歯に隙間ができてくる。
隙っ歯みたいな感じになってしまうんです。

歯が長く見えるようになってきた…

これは歯周病の超危険なサイン。
すぐに歯科医院に行ってご相談ください。

ちなみにこちらの患者様の前歯は、(写真上)
手で触っても取れるのではと言うくらいのグラグラ。
骨の支えはゼロで歯肉だけに乗っかっていた様態。
もう少し早ければ…。涙
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 歯周病
  4. 重度の歯周病治療 インプラント治療
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.