Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラントトラブル
  4. インプラントの不具合の原因

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

インプラントの不具合の原因

2019年12月9日  カテゴリ:インプラントトラブル



9月末に来院された患者様。
奥歯のインプラントがグラグラするとのご相談。

グラグラも上のクラウンだけならまだいいですが、
インプラントそのものから揺れていた。
つまり骨結合がもうできない状態。

一旦インプラントを撤去し組織が落ち着くのを待って、
本日再度インプラントを埋入し骨補填も同時に。
約20分ほどのスムーズな手術でした。

まだインプラント治療をされて間もないことから、
おそらくインプラント埋入時に骨を過剰圧迫したのかと。
下顎6番は骨質も硬いのでそんなにハードな食い込みは不要。
むしろ硬い骨に食い込みすぎないようインプラントを選択したり、
ストレスがかかりすぎないテクニックが必要。

今回はほぼストレートで緩やかなテーパードが付いており、
先端もあまり食い込みすぎたりスレッドも浅めのタイプ。

前にもここで書きましたがメジャーシステムには、
様々な用途に合わせた複数のモデルがラインナップされている。
スポーツカーだけでなくラグジュアリーセダンもSUVも…。

これからラリーでアフリカの悪路を走るのに、
オープン2シーターしかなかったら大変ですよね?
またサーキットでレースをするのに、
あるで応接室のようなラグジュアリーセダンも違う。

こんな例えはわかりやすいですか?

 
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラントトラブル
  4. インプラント治療のメインテナンス&リカバリーを行います
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.