Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラントトラブル
  4. 海外で行ったインプラント治療のリカバリー

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

海外で行ったインプラント治療のリカバリー

2019年7月11日  カテゴリ:インプラントトラブル



これから始めてインプラント治療を行うだけでなく、
既に口腔内で機能しているインプラントの相談を頂きます。

特に最近多いのは海外で行った治療のリカバリー

インプラント治療の不具合で最も多いのは緩み。
でも緩みと言っても色々あるんです。

・上部構造の緩み
・アバットメントの緩み
・インプラント体の緩み

まず大切なのは揺れを感じた時点で早期に受診すること。

そしてどの部分の揺れなのかを確認。
上の2つの揺れも素早い対応なら簡単に済みますが、
そのまま放置すると周囲炎に発展してしまうことも。
1番下のインプラント体の緩みはかなり大きな問題です。

日本国内の薬事承認が取れているものであれば良いですが、
海外で行っている場合は国内で取り扱いのないものもあります。
ただし互換性のあるパーツも多いですし取り寄せることも可能。
まずはメーカー・システムの確認から始めます。

インプラント治療の不具合のご相談お待ちしております。
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラントトラブル
  4. インプラント治療時の注意
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.