Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 骨造成 サイナスリフト&GBR

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

骨造成 サイナスリフト&GBR

2021年3月23日  カテゴリ:インプラント治療




上顎6番7番の連続欠損部のインプラント治療。

2本ともに歯槽骨のダメージが大きく骨量不足。
7番は膿のせいで骨が溶け上顎洞底の皮質骨が極薄。
もしかしたら上顎洞とつながっているかもしれない。
(写真上左)

そんな心配もあったので抜歯後約1か月半。
術後に縫合できる軟組織(歯肉)の成熟を待ち、
本日まず1回目の骨造成を行いました。

元々の既存骨は水色のラインで囲まれた部分で、
今回骨造成したのはそれを囲む緑のライン。
(写真上右)
手前6番はサイナスリフトで側面から大量に骨造成。
奥の7番はやはり一部上顎洞を交通していたため、
掻把後にその部分をバリアして歯槽張側からGBR。
歯槽頂側の増骨をしないと歯が長くなるので、
上下でサンドイッチすることが大切です。

4~6か月後には、

① 6番のスタンダードなインプラント埋入
② 7番のソケットリフトでのインプラント埋入

を同時に行う予定です。

咬合力のかかる大臼歯部で骨の状態も悪い。
なので1本ではなく2本のインプラントで支えたい。
対合歯も7番までしっかりありますので、
咬合バランス的にもそれが安全かと思います。



6番部の正面からみたCT画像。(写真上)

最初の画像は顔を側面(横)から見た画像です。
こちらは上のCT画像の青いラインでスライスし、
お顔を真正面から見たイメージになります。

左は術前で右は術後。

約1~2ミリくらいしかない皮質骨ですので、
側面から約15ミリほど開創して洞粘膜を剥離し、
そのスペースに骨補填を大量に行いました。

一気に7番まで大きく剥離することも考えましたが、
洞粘膜が破けてしまうなど様々なリスクを考慮して、
安全に2度の手術に分けることにしました。

可能な限り手術回数を少なく低侵襲にしたいですが、
安全性の担保と長期間の安定は最優先になります。

麻酔が効いた状態でスタートし最後の縫合終了まで。
手術時間は約40分ほどになります。

骨量不足でインプラントは難しい…
取り外しの入れ歯は絶対に嫌だ…

簡単にあきらめずにご相談ください。

KU歯科クリニック

インプラントと矯正治療を同時に行う



こちらも併せてお読みください

 

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 骨造成 サイナスリフト&GBR
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.