Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. インプラントの固定方法

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

インプラントの固定方法

2020年1月9日  カテゴリ:インプラント治療




インプラント治療の上部構造の固定方法には、
接着とスクリュー固定の2つの方法があります。

アバットメントまでをスクリューで固定し、
上部のクラウンは仮の接着剤でとめておく。
方向の補正が簡単にできるのですが、
接着剤の取り残しなどの注意が必要。
インプラントセメンタイティスなどと言う造語ができるくらい、
残留セメントの取り残しは問題になっています…。

そんなこともありKU歯科クリニックでは、
可能な限りスクリュー固定法で行います。

インプラントも天然歯で言う歯周炎を起こす可能性もありますし、
長期間使用すれば割れたりすり減りすぎたりすることもあります。
その際にスクリュー固定であれば取り外しがスムーズです。
しかし埋入位置によってはスクリュー穴の位置も悪くなり、
かみ合わせに悪影響を与えることもあります。
ただし最近では角度を補正できるスクリュー固定もあるので、
追加パーツをかませなくても角度補正が簡単になりました。

スクリュー固定後はコンポジットレジンで封鎖。
何かの際はこれを外して専用器具で外せます。

インプラント治療は人工物なので永遠のものではありません。
身体の一部として快適に機能させていくには、
定期的なメインテナンスが必要です。
なので将来のリペアなどの考慮も大切です。
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 15年経過したインプラント
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.