Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. インプラント治療計画の重要性

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

インプラント治療計画の重要性

2019年10月2日  カテゴリ:インプラント治療





前歯がグラグラで痛みがある…

こんなご相談で緊急来院。
レントゲンやCTで確認すると、
インプラントに挟まれた前歯だった。

器具をかけて慎重に外すと、
コア(補強用支柱)ごと取れてきた。
マイクロスコープでみるまでもなく、
割れてグラグラに揺れている。
歯根も極端に短い前歯という事もあり、
長い物差しでみて抜歯することにした。

インプラントは数年前に行ったそうで、
機能的にも審美的にもうまくいっている…。
しかし残念ながらこの歯を抜くことで、
その歯肉の形態は若干変化する。

一旦両端のインプラントのクラウンを外し、
ブリッジタイプの仮歯を装着。
抜歯部位はコラーゲン性の止血剤を填入し、
組織がへこまないように縫合。

周囲組織の治癒の仕方によって、
ジルコニアアバットメントからやり直すか、
ブリッジ部分だけの新製で良いのか。
患者様と相談して決めたいと思う。

なぜ抜歯と同時にインプラントを入れなかったか?

それは前歯で3本連続のインプラントになると、
インプラント同士が接近しすぎて、
逆に組織の形態を維持しにくくなるから。
インプラントは最低でも周囲1.5ミリの骨で支えられてたい。

そういうこともあるのでこちらのケースの様に、
数年で大きな問題が出そうな歯が隣にある場合、
慎重に慎重に検討を重ねて計画を立てなければならないのです。

特に日本人は骨が薄いので、
奥歯ならともかく前歯はね…。
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. よくあるインプラント相談
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.