Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. ステージドアプローチ(骨造成を先に)

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

ステージドアプローチ(骨造成を先に)

2019年9月10日  カテゴリ:インプラント治療



インプラント埋入と同時に骨補填を行うのではなく、
骨造成のみを先に行って数か月後に改めてインプラントを埋入。
これをステージドアプローチと言います。
できるだけ様々な外科処置を同時に行い、
痛みや腫れのダメージを小さくしますが、
骨量不足が大きな場合はやはり増骨が必要不可欠。

他院で抜歯した直後にご紹介で当院に来院。(写真上)

左下の連続抜歯部分のダメージが大きかったので、
ステージドアプローチで行うことにしました。
特に犬歯部分の骨がかなり細く切り立っており、
このままでは全く幅が足りなく埋入不可。
連続4本欠損に3本のインプラントの計画だが、
犬歯は過重負担が大きな歯なので単独埋入したい。

幅と高さの両方を3次元的に増やしたい。
高さを増やすのはとても難しいのですが、
予想以上の増骨に嬉しい悲鳴…。
ポイントは奥の親知らずですね。
最終的には抜歯予定なのですがあえてまだ抜かない。
これが今回のケースの骨造成成功のポイントだったと思う。

仮義歯を参考にしながらガイド無しのフリーハンド。
静脈内鎮静法にて約40分ほどのスムーズなオペ。
無事3本ともに長さ10ミリを埋入完了。

今ある組織を挫滅させずに保存することは大切ですが、
既に無くしてしまった場合はしっかり増やすことも重要。

2か月後に固定式の仮歯が入る日に、
この奥の親知らずは抜歯予定です。

様々な骨造成法や材料がありますが、
当医院ではできるだけ痛みや腫れが最小限になる
効果的方法を提案させていただきます。
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 天然歯とインプラントの違い
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.