Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 抜歯即時インプラント埋入即時過重す

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

抜歯即時インプラント埋入即時過重す

2019年5月10日  カテゴリ:インプラント治療



抜歯即時インプラント埋入即時過重

とても長いタイトルですが、

抜歯と同時にインプラントを埋入し、
更に同時に固定式の仮歯まで装着する

ことです。

今日たまたま術後約4か月経過した患者様が2名。
経過をチェックするためにレントゲンを撮影しました。
左は固定力がありながらも過剰圧迫をしにくいタイプ。
右はダメージの大きな部位に強力に固定できるタイプ。
どちらも同じメーカーですが用途が違います。
ちなみに2つのケースは偶然にもともに上顎2番。

一昔前はそれぞれのステップをバラバラに行ってましたが、
前歯など審美領域においては最近可能な限り同時に行います。

それは痛みや腫れを最小限にするためや治療期間短縮のためだけではなく、
その方が元の組織の形態を温存しやすい状況が多く最終仕上がりが良いので。

昔と違ってインプラントを歯槽骨に固定しやすいデザインも物も多くあるし、
長い歴史の中で今までわからなかったことが解明されてきたのことなどいろいろ。

術後は傷口のチェックと消毒とかみ合わせのチェック。
4か月ほとんど経過観察だけを行い次回最終型採りになります。

外科処置は最初の1回のみ!

KU歯科クリニックは低侵襲歯科治療を追求します。
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. インプラント用骨補填材料
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.