Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

診療予約・カウンセリング | 0120-66-2118(受付時間 平日10:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 骨結合を数値化する

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

骨結合を数値化する

2018年10月9日  カテゴリ:インプラント治療




インプラントと歯槽骨がどれくらい結合しているか。

上顎なら3か月で下顎なら2か月。
骨造成した場合はプラス〇か月。

たしかにレギュレーションはあるものの、
一定期間過ぎたというだけであくまでなんとなく。
術者の経験と勘ももちろん大切なんだだけど、
医療ですからしっかり数値化していく事が大切です。

音楽室にあったUの字型の棒をたたいて音が共鳴する。
こんな風にインプラントに測定用のピンを固定して、
音波をあててその跳ね返ってくる数字で結合力をはかる。
これをオステルと言います。

KU歯科クリニックでは15年以上全ケースで計測しており、
安全確認を行ってからでなければ上部構造を製作しません。

オステル

60 以下  低い安定性
60~65  中程度の安定性 単独は△
65~70  安定 早期荷重可能
70以上  高い安定性 即時荷重可能

上顎大臼歯部に骨造成を併用したケース。
4か月経過して本日オステルを測定。

80

という素晴らしい数値が出ました!

KU歯科クリニック全院にオステルが配備されています。


 
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 安全な下顎無歯顎インプラントオペ
ページの先頭へ

Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 表参道 青山 銀座 世田谷 成城 品川 大阪). All Rights Reserved.