Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

診療予約・カウンセリング | 0120-66-2118(受付時間 平日10:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 治療の順番の工夫

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

治療の順番の工夫

2018年1月11日  カテゴリ:インプラント治療





全体解決を目指す患者様が多い当医院では、
診査診断後にかなり綿密な治療計画を立てていきます。

健全歯列なら上下の咬合支持は14か所あるはず。
しかしこちらの患者様の場合は3か所しかありません。
その3か所も大臼歯ではなく小臼歯と弱弱しいので、
過剰な負担が長期化すればまだダメになってしまうかも。

本来はこれだけ欠損があれば仮入れ歯になりますが、
患者様の強い要望でなんとか固定式の仮ブリッジにしています。
本来なら骨結合に時間がかかる上顎からインプラント埋入したいところですが、
早く奥歯に咬合支持を増やしたいのでまずは下顎3本から行いました。

初めてのインプラントオペですからまずは簡単なところから行って、
怖い怖い…と思っていたインプラント治療ってこんなもんだって思ってもらう。

私が恐怖心の強い患者様によく行う作戦でもあります。

2か月前に5番と7番の残根(C4)抜歯。
5番の抜歯窩は回復が良かったので6番と共に1回法で。
7番は骨造成を併用したので閉鎖創にして2回法に。
局所麻酔で約30分ほどで無事終了。

先ほど帰り際に、

「思ったより全然楽だった…」

と、スタッフにお話しされてたらしい。

次の上顎は少し難症例ですが今回の経験がありますからね。
快適な口腔環境を取り戻すために一緒に頑張りましょう!
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. 歯根端切除の後のインプラント治療
ページの先頭へ

Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 表参道 青山 銀座 世田谷 成城 品川 大阪). All Rights Reserved.