Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. インプラント上部構造 … 無歯顎

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

インプラント上部構造 … 無歯顎

2019年6月5日  カテゴリ:インプラント治療



1本も歯がない総入れ歯の状態から固定式のインプラント。

こちらのケースは上下それぞれに6本計12本のインプラントを埋入し、
最終上部構造を接着ではなくスクリュー固定式で製作。

無歯顎になると口唇の膨らみがなくなり若々しさがなくなるので、
このように人工的な歯肉部分を付けて膨らませることが多い。
歯冠部分はセラミックで歯肉部分はハイブリッドセラミック。
実際の歯肉は時間の経過とともに少しづつ退縮していくので、
数年後にリペアしやすいようにあえてハイブリッドセラミックにし、
取り外しが容易なスクリューで固定している。

ほぼこれと同じ形の固定式仮歯で実際に数か月使用していただき、
どこの歯が減りが大きいか、歯の形や見た目はどうかなどをあらゆる角度から確認。
それを参考にして最終的なデザインを考え最終上部構造を製作する。



インプラント埋入位置によってはスクリュー固定が困難になる場合もあるが、
今回のケースはまずまず予定通りの位置に製作することができた。

骨量不足の場合、意図的に傾斜させてインプラントを入れ、
この最終上部構造との間にもう1つ角度補正用中間構造体を入れることもある。
今回は6本づつ12本がほぼ平行に埋入できているので、
中間構造体なしでダイレクトにスクリュー固定でおこなった。
技工 デンタルスタジオ246

KU歯科クリニック ← Click here
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. インプラント治療
  4. インプラント21年経過
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.