Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 抜歯・親知らず
  4. 親知らずと下歯槽神経

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

親知らずと下歯槽神経

2020年1月14日  カテゴリ:抜歯・親知らず



何年もかけて矯正治療したのに…。
親知らずのせいで歯並びが悪くなるって、
予想できなかったのか?

欧米ではこれで訴えられることも。

日本はどちらかと言うと事なかれ主義ですので、
痛みや腫れがななければそのまま様子見…
なんてことが多い親知らずです。

こちらの患者様も2年前に歯列矯正が終了。
今回右下の親知らずが腫れて痛いと来院され、
良い機会なので4本全部抜きましょうと提案。
左右2回に分けて行うことになりました。

よく質問を受ける下歯槽神経(写真上赤ライン)ですが、
大半のケースはこのように根尖部で近くなってるだけなんです。
抜歯する際はそんなところまで器具を入れませんので、
まず損傷の心配はないと思てもらってOKです。
ただし抜歯の際に力をかけますので圧迫されることはある。
それは心配ありません。

もっと真横に埋まっている親知らずの際は、
分割する際に器具で損傷してしまう可能性はあります。

そうならないようにCTで3次元的な位置確認。

これが大切ですね。
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. 抜歯・親知らず
  4. インプラントは不可能
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.