Dr.Kの独り言

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

初診 カウンセリング お問合せ | 0120-66-2118(受付時間 平日9:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

Dr.Kの独り言 KU歯科クリニック理事長 梅田和徳のブログ

  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. かみ合わせ
  4. スポーツ用マウスピース(マウスガード)

記事カテゴリ

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

スポーツ用マウスピース(マウスガード)

2020年3月27日  カテゴリ:かみ合わせ

(null)

奥歯で強く咬む=筋力がアップ

ではなく

顎や首を含めた体幹が適切な位置に固定される

これが大切なのです

バランスが良くなることで最大発揮パワーが上がるのですね。

アメリカンフットボールやボクシングなどコンタクトスポーツでは、
マウスピースをしてないと試合に出ることができません。
舌を咬んだり口の中を傷つけたりしないようにしなければならないし、
衝突時に死んでしまう脳細胞の数を減らすことが大切なのです。

私の学生時代は透明のタイプでも良かったのですが、
今はレフリーが遠くからでも着用確認しやすいように、
色が付いてないとだめらしい…。
カッコいいデザインのものがたくさんあるんですよね。

最近多くのスポーツでマウスピースが使用されるようになったのは、
やはり咬み合わせと体幹バランスが筋力アップに影響があるから。
高校野球でも少し前からマウスピース着用OKになった。
プロ野球では数えきれないくらい使ってますね…。

ただ、ここで注意が必要なのは、
咬み合わせが狂ったマウスピースは逆効果ということ。
本当に頭が痛くなって試合中吐き気がしたことも経験あります。
自分でお湯に入れて作るタイプもうまくできていればいいけれど、
できればきちんと歯科医院でカスタムメイドで製作してください。

「爽やか艶消しホワイト」と「魅惑のクリアオレンジピンク」

これは一般的な筋力トレーニング用ですが、
各種スポーツに合わせたご相談も承っております。
是非ご相談ください。

無料カウンセリングはこちらから

総合歯科診療のKU歯科クリニック

 
  1. ホーム
  2. Dr.Kの独り言
  3. かみ合わせ
  4. スポーツ用マウスピース(マウスガード)
ページの先頭へ
Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 新宿 青山 銀座 世田谷 成城 品川). All Rights Reserved.